日本でありながらどこか異国のイメージが大きい沖縄。

旅先ランキングでも常に上位を争う日本を代表する観光地でもあり、珊瑚礁のきれいな海はワールドクラスの美しさ。亜熱帯特有の温暖な気候と独特の文化や風習が魅力的で、一年を通じて多くの旅行客が沖縄を訪れています。

そんな沖縄には世界遺産も多く、特に沖縄本島ではレンタカーでじっくり観光するのが定番です。

今回は沖縄本島の数多い観光スポットの中でもドライブの際に立ち寄りたいスポットをご紹介いたします。

斎場御獄 
~聖地のパワーを肌で感じる歴史&自然スポット~

「せーふぁうたき」と呼ばれる斎場御獄は、本島南部の南城市にある世界遺産で沖縄最高の聖地と言われるスポットです。

かつてこの地に栄えた琉球王国時代の遺跡のひとつで、国家の最高神職である聞得大君の就任儀式を執り行ったとされています。

当時は男人禁制の神聖な場とされ、国王であっても女装が必要な特別な場所。今では男女の分け隔てなく観光スポットとして、内部へ入ることができますよ。

神の島として知られる久高島を拝む高台にある斎場御獄は、様々な観覧ポイントが点在。

三庫理と名付けられた岩が三角形に切り取られた空間は、多くのガイドブックにも紹介されている神秘的な場所です。通りすぎる風はどこか涼しく感じ、パワースポットとして多くの観光客を魅了していますよ。

森や岩、空間など全てが調和した神秘的な斎場御獄は、沖縄ならではの神々への信仰を感じれるスポットとして、本島南部観光の際には立ち寄っておきたいですね。

【基本情報】
・住所:沖縄県南城市知念字久手堅539
・営業時間:9:00~18:00(11月~2月9:00~17:30)
・定休日:旧暦の5月1日から3日間、旧暦10月1日から3日間
・入場料:大人(高校生以上)300円、小中学生150円
・アクセス:那覇空港より車で約50分
・駐車場:あり(がんじゅう駅、知念岬公園駐車場)
・公式HP:http://www.kankou-nanjo.okinawa/tokusyu/view/safa

海中道路
~風を感じながら疾走できる観光ロード~

ドライブしながら沖縄本島を巡る時に、必ず立ち寄っておきたいのが海中道路。

本島中部のうるま市から離島へと伸びる全長約5kmの海上にかかる道で、青くきれいな海の中を走っている爽快感が魅力的です。

元は勝連半島と平安座島を結ぶ産業道路として作られたのですが、近年はレンタカー観光の発達で多くの観光客が訪れるスポットとなりました。

中ほどには道の駅ならぬ海の駅があり、勝連もずくや伊計島の黄金芋などの特産品も販売され、お土産品としても人気ですよ。

特におすすめするのは海の駅2階にあるデッキからの眺め!360度パノラマで見渡せる金武湾のコバルトブルーの海は何物にも代え難い美しさで、これぞ沖縄と感じさせるスポットです。

また海中道路は平安座島をはじめとした4つの島へと渡ることが可能で、風光明媚な島への観光にも便利。

浜比嘉島は昔ながらの沖縄の風景が魅力な島で、島々へのアクセスとなる海中道路は、窓全開で潮風を感じたいですね。

【基本情報】
・住所:沖縄県うるま市与那城中央~与那城平安座
・営業時間:24時間走行可能
・アクセス:沖縄自動車道「沖縄南IC」より約65分
・駐車場:あり(両岸側、海の駅)
・公式HP:http://www.city.uruma.lg.jp/iina/2396

美ら海水族館
~何度行っても飽きないジンベイザメの水族館~

今や日本で一番有名な水族館と言っても過言でない観光スポットが「美ら海水族館」です。

この沖縄屈指のメジャースポットは、本島北部の伊江島を望む本部町の海岸沿いにあります。

広大な敷地の海洋博公園の一角にある美ら海水族館最大の特徴は、複数のジンベイザメを同時飼育していること。巨大なアクリルパネルに囲まれた大きな水槽でゆったり泳ぐジンベイザメは、訪れる人々を魅了し、しばし時間を忘れて優雅な姿に見とれてしまいます。

沖縄近海に生息する海洋生物を中心に展示しており、ダイバー憧れのマンタも大水槽で鑑賞可能。沖縄ならではの海の生き物に出会える美ら海水族館は、レンタカー観光の聖地として必見のスポットですよ。

また水族館に来たら、海洋博公園やエメラルドビーチも一緒に巡っておきたいところ。間近に望む伊江島をバックにきれいな海岸で撮る一枚は旅の大きな思い出となりますよ。

エメラルドビーチは美しい夕日が見れることでも有名で、夕方ならばぜひ立ち寄っておきたいスポットですね。

【基本情報】
・住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
・営業時間:8:30~18:30(3月~9月8:30~20:00)
・定休日:12月第1水曜日、木曜日
・入場料:大人1,850円、高校生1,230円、小中学生610円
・アクセス:那覇空港より約120分
・駐車場:あり(無料)
・公式HP:https://churaumi.okinawa/

首里城
~沖縄世界遺産の最高スポット・王宮~

沖縄県那覇市を見下ろす丘陵地に佇む世界遺産が琉球王国を今に伝える首里城です。

那覇空港を降り立った観光客が最初に訪れる観光地としても有名で、連日多くの人が見学にやってきます。

琉球を代表する歴史スポットは、グスク(城)跡に復元された正殿を中心に公園として整備され、沖縄の歴史に触れる博物館としても機能。かつて海洋貿易で栄華を極めた琉球王国の一端を垣間見ることができますよ。

この首里城の第一の門でもある守礼門は、訪れたことのない人でも知っているシャッターポイント。ここが沖縄の地であると実感できる場所として、見物人のほとんどが足を止めています。

首里城正殿は、朱に塗られた漆が特徴的な建物で、太平洋戦争で焼失した後に復元されたものとは思えないほどの存在感で人々を魅了。毎日日没後に行われるライトアップでは、さらに幻想的な姿を見せてくれます。

行けば行くほど沖縄の歴史を紐解ける首里城は、観光では外せないおすすめスポットです。

【基本情報】
・住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2
・営業時間:8:00~19:30(季節により異なる)
・定休日:7月第1水曜日、木曜日
・入場料(正殿他):大人820円、高校生620円、小中学生310円
・アクセス:那覇空港より約40分
・駐車場:あり(有料)
・公式HP:http://oki-park.jp/shurijo/

備瀬のフクギ並木

沖縄美ら海水族館から車で2~3分ほどに位置する備瀬地区には訪れる人に自然の癒しを与えるスポットがあり、備瀬のフクギ並木と呼ばれています。

こちらは、クチコミなどで評判が広がったこともあり近年観光客がよく訪れるようになった注目のスポット。

燦々と差し込む沖縄の太陽の光と、時折吹き抜ける心地よい風が相まって絶好の散策スポットになっています。

約2万本ものフクギが生い茂り、どこまでも緑のトンネルが続くかのような並木道。ただここを歩くだけで日常の慌しさから開放された気分になれます。

緑のトンネルが行き着く先には備瀬のきれいな海が眼前に広がり、一気にビーチリゾートな気分へと変貌。森の緑と海を一度に楽しめる沖縄ならではの観光スポットです。
周辺には美ら海水族館や世界遺産の今帰仁城趾など、沖縄本島を代表する観光スポットが点在するので、ぜひ一緒に巡ってみてください。新しい沖縄を発見するにはおすすめのスポットですよ。

【基本情報】
・住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬
・営業時間:規定なし
・アクセス:那覇空港より約130分
・駐車場:あり(無料)
・公式HP:http://www.motobu-ka.com/page/134.html

まとめ

ビーチリゾートだけでなく様々な観光スポットが点在する沖縄本島は、年齢を問わずゆっくり楽しめる観光の島です。

特に琉球王国時代の歴史スポットは世界遺産にも登録されるなど、どの施設も見どころが多いのが特徴的。

首里城や美ら海水族館は定番スポットとして知られていますが、行くたびに新たな楽しみや喜びがあり、リピーターも多くいますよ。

レンタカーなど車での観光ならば自由に動ける強みを生かして自分なりの発見を探すのも沖縄観光の醍醐味です。