名古屋城や大阪城と並び日本三名城に数えられる熊本城。明治時代には西南戦争の戦場となり先の熊本地震では天守などが被災しました。

歴史ある熊本城は2017年現在、復興へ向けて着実に歩み始めています。

加藤清正の傑作と言われ文化的価値も高い熊本城の被災状況もふまえ、その魅力を探っていきます。

1607年に天守が完成!熊本城の歴史を解説

熊本の丘陵地に当時としては最先端の技術を集結し、加藤清正が作り上げた名城が熊本城。1607年に完成した天守は大阪城や名古屋城と並び日本三名城の名声を得ています。

ほぼ現在の形に築城されて400年! 現在の天守は昭和の再建天守ながらも悠久の時を超えて築城当時の雰囲気と風格を今に伝えています。

加藤清正によって築かれた熊本城は江戸時代の改易で細川家が城主に。明治時代には西郷隆盛が挙兵した西南戦争の舞台となるなど歴史的にも要所として知られています。

また剣豪・宮本武蔵が晩年を過ごした城としても有名で、ファンも多く訪れる観光スポットですよ。

見どころも多く熊本屈指の観光スポットは熊本地震での被災から着実に復興中! 歴史ロマンが魅力的な熊本城は一度は見学しておきたいですね。

熊本城の見どころ

武者返し

熊本城を代表する特徴の一つが武者返し! 勾配を変えて敵の侵入を防ぐ石垣は、忍者が駆け上がるのも不可能な難航不落の防御システムです。

加藤清正が近江から連れてきた石工集団が作り上げた石垣は是非見ておきたいポイント。建物の大半が失われた熊本城において、石垣は当時の姿を現在に伝える貴重な遺産です。

武者返しは戦闘を意識して築かれた熊本城ならではのもの。先端技術を駆使して作られた築城時の中でも武者返しは最新の技術で、加藤清正のレベルの高さを垣間見ることができますよ。

数多い熊本城の見どころの中でも、多くの方が足を止めて見上げる武者返し。他の城とは一味違う石垣の勾配を自らの目で確かめてみてはいかがですか?

昭君之間

築城400年を記念して平成20年に復元された本丸御殿大広間。築城当時の煌びやかな大広間の姿は、熊本城観光の目玉の一つとして人気を呼んでいます。

昭君之間は本丸御殿大広間の中でも格式が最も高い部屋として知られ、壁や襖絵は中国・漢の時代の物語が描かれていますよ。

見事な仕上がり具合を感じさせる昭君之間は、一説には将軍之間とも言われる秘密も存在。加藤清正が豊臣秀吉の嫡男・秀頼を迎え入れるために作った部屋とも囁かれています。

本当のところは不明ながらも秀吉と清正の関係を考えると信憑性もかなりのもの。加藤清正の思いを感が観ながら本丸御殿大広間を見学するのもおすすめです。

熊本城を観光するなら立ち寄っておきたいスポットですね。

宇土櫓

熊本城本丸の西北に位置する宇土櫓。国の重要文化財に指定されており、築城当時の姿をとどめる歴史的にも重要な建造物です。

3層5階建ての櫓は天守に匹敵する規模を誇り、建物内部は見学も可能。第三の天守と呼ばれる宇土櫓は熊本城で最も古い現存建築物の一つとしておすすめですよ。

熊本地震では宇土櫓からから連なる続櫓が被災し倒壊。現在は復興工事が進んでいます。

また宇土櫓は二の丸広場から眺めるのもおすすめ。大天守や小天守と宇土櫓が並んだ姿は天守が3つ連なっているかのようで圧巻の光景です。

熊本城観光の見どころでもある宇土櫓は、四季折々の風情とともに楽しめるスポット。

加藤神社鳥居前からカメラで狙ってみるのもいいですね。

熊本地震による被災と復興への道のり

平成28年に発生した熊本地震で甚大な被害を被った熊本城。その復旧や復元には莫大な費用と年月を必要としています。

大天守と小天守が特に大きな被害を受け、復興へ向けての大規模な工事・補修が進行中。足場に囲まれタワークレーンがそびえ立つ大天守は、熊本城の歴史の1ページとして見ておくのもおすすめ。

工事進行中の熊本城を見守ることも復興支援の一つですよ。熊本市民の誇りでもある大天守の美しい姿を早く拝みたいですね。

また熊本城の復興を支援する制度として復興城主制度が存在。莫大な費用が発生する天守の復興を支援する制度で、観光時に受けることができる様々な特典が魅力的です。

熊本城の復興に協力して城主を体験してみませんか?

熊本城へのアクセスは?基本情報も!

熊本市のほぼ中心に位置する熊本城。九州新幹線が開通したJR熊本駅や阿蘇くまもと空港からもアクセスしやすいのが特徴です。

高速道路のインターチェンジも比較的近くにあるので、様々なアクセス手段で熊本城へ行くことが可能。

好みの方法でアクセスして熊本城を楽しんでみてはいかがですか?
【JR熊本駅より】
・熊本市電:「熊本城・市役所駅」下車徒歩3分
・しろめぐりん(巡回バス)で約15分
【阿蘇くまもと空港より】
・県道36号線経由で約30分
【高速道路より】
・九州自動車道「熊本IC」より約15分

【熊本城基本情報】
・住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1
・営業時間:8:30~18:00
・定休日:12月29日~12月31日
・駐車場:あり(有料)
・URL:https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/

まとめ

日本三名城にして銀杏城の異名をとる熊本城。九州でも有数の観光スポットは地震の爪痕が残る現在でも多くの観光客を受け入れています。

国の重要文化財など見どころも多々ある熊本城。寄附をすることで城主になることができる復興城主制度も存在。

城主ならではの特典もあるので観光にもおすすめですよ。

支援をしつつ熊本城観光を満喫してみませんか?