小さな高級車として1996年より発売され、日本市場でも人気のアウディA3シリーズ。三代目モデルとして好評のA3が2017年1月26日にマイナーチェンジを実施し、新たなモデルへと生まれ変わりました。

ヨーロッパ市場ではハッチバック市場の中核モデルとして評価を得ており、新型A3は日本でも期待される世界戦略車です。

今回は、モデルチェンジによって更に魅力の増したアウディA3、そしてホットモデルでもあるS3の魅力を探っていきます。

プレミアムコンパクトとしての圧倒的な存在感

アウディA3/S3はコンパクトな車体サイズながらも、フロントからリアに至るまで流麗で美しいフォルムがとても魅力的な車です。

ひと目でアウディとわかるフロントグリルは、上級シリーズに対しても遜色ない存在感を発揮。独自のデザイン工学をもとに生み出されたアウディであるからこそのスタイリングで、この存在感は全てのシリーズに共通するアイデンティティです。

A3/S3シリーズは、コンパクトカーのカテゴリーでは圧倒的な高級感を持つ車としてライバルの追随を許さないほどのモデル。車体サイズは日本の道路事情にもマッチしているため、様々なシーンで活用でき、乗ることで得られる満足感も大きいですよ。

クラスを超えた先進装備の数々

マイナーチェンジで新たなモデルへと進化したアウディA3/S3は、先進装備が標準化され、ますます魅力的な車になりました。

今まではオプション設定であった自動ブレーキやアダプティズクルーズコントロールが標準化。安全運転を支援する先進技術が標準装備となったことで、運転時のストレス軽減にも役立つと期待されています。

また運転席のメーターまわりは全面液晶でナビ画面も写し出せる機能を装備。センターパネルのナビゲーションシステムとの連動も可能で、車の情報も瞬時に写し出せるアウディならではの機能です。

ライトサイジングされた次世代エンジンを搭載

これまでもエンジンの扱いやすさには定評のあったアウディですが、今回のモデルチェンジではより最適化されたエンジンが搭載されています。

A3のFFモデルにおいては、先代同様に1.4TFSIエンジンを搭載していますが、4WDのクワトロモデルについては、馬力を向上させながらも燃費効率を大幅に向上させた次世代2.0TFSIエンジンを搭載。7速トランスミッションとの組み合わせで、動力性能と環境性能を両立しています。

またホットモデルのS3は、290PSを誇るパワーユニットを採用し、こちらも前モデルより改善した燃費効率が魅力です。

燃費の良いエンジンであれば、休日ドライブなどでちょっと遠出したいときでも気軽に出かけられますね。

アウディの本気度を感じるA3は293万円から

車を購入する上で大きな要因となるのが価格です。アウディは言わずと知れたドイツ車であるため高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかしこのA3に至ってはこの原則は当てはまりません。

先進の装備が標準となったにも関わらず、価格は前モデルと据え置きという衝撃度満点の価格設定。この価格設定がA3の購入意欲をより一層掻き立ててくれますよ。

子育てに何かと費用のかかる若いファミリーでも安心して購入できる価格はとても魅力的です。

  • A3sportback:293万円~
  • A3sedan:311万円~
  • S3sportback:606万円~
  • S3sedan:624万円~

まとめ

小型車でありながらプレミアム感が満載のアウディA3/S3シリーズ。

動力性能と環境性能を両立させた次世代エンジン搭載という魅力もさることながら、日本での最大のメリットはその車体サイズでもあります。

狭い道が多い日本の道路事情を考えると、取り回しの良いA3は最も日本に適した車の一つです。

ドイツ特有の長距離移動も念頭に置かれたA3シリーズは、ロングドライブでもドライバーの負担が最小限、この1台で日常の買い物から休日のドライブまでこなせるすぐれ物です。

荷物もしっかり詰めて4人乗っても大丈夫なA3/S3で、ワンランク上のカーライフを楽しみたいですね。